Staff Blog

ベル通信

家づくりのことからスタッフの日常まで。ベルハウスのスタッフが日々更新中です!

一覧へ戻る

2022.9.6

また行きたい!

こんばんは!

本日のベル通信は、工事部 立久井がお届けいたします。

 

急に季節が秋に移ったと感じて少し涼しい日が続いていいたので、30℃超える日があると暑いですね。

現場を回るのに、さいたま市内を走っていると田んぼの稲刈りがちょこちょこと始まっていました。あっという間に年末になりそうなので、集中して過ごしていきたいと思います。

 

まだ暑い時期にお出かけしてきました。

そこは、以前から行ってみたい場所の一つでTVなどでも取り上げられるような所です。

山梨県南部にあって、富士山からのきれいな湧き水が多く出ているところです。

雲は多かったですが、何か所かある池?を全て見て回りました。透明度も高く、8メートル下まで見えます。

魚が泳いでいる影が水底に写るので、まるで魚が浮いているようでした。

忍野八海からの水が流れている川ですが、春には桜でいっぱいになるそうです。

今度は、春にでも行ってみようと思います。

 

 

話は変わりますが、普通に生活していると気づかないですがなくては困るのもが。。。

何だかわかりますか??

1Fのトイレ部分の配管になります。潜って作業するのは大変なので、基礎が完了して大工さんが乗り込む前に先行で配管をします。大工さんが先に床を貼ってしまうと、短いパイプを何本もつなげることになってしまいます。

わかりずらいですが、勾配をとって基礎の外に配管をつなげていきます。ジョイント部分やコーナーなどが多いとゴミなどが引っ掛かりやすくなってしまいます。

最近のトイレは節水タイプが主流なので、紙の使い過ぎには注意が必要です!

 

 

Writer

この記事を書いた人

立久井 昭雄

立久井 昭雄AKIO TACHIKUI

専務取締役

販売物件一覧はこちら

↑Page Top

?>