Staff Blog

ベル通信

家づくりのことからスタッフの日常まで。ベルハウスのスタッフが日々更新中です!

一覧へ戻る

2022.1.28

海のギャング

こんばんは。

本日は用地部 井上がお届けします。

 

新型コロナウイルスだけでなく様々なウイルスの脅威がある冬ですが、コロナが流行ってからはインフルエンザの感染数が減ったそうです。

多くの人が手洗いうがいという基本を守っているからでしょうか。これは習慣として続けたいものですね。

 

人との接触が少なくなるよう、あまり電車に乗らずにドライブで出かけることが多くなりました。

オミクロン株が猛威を振るい出す前に行ってきたのは、千葉県の鴨川シーワールドです!

 

館内の水槽を見ても、

 

ダイナミックなイルカショーを見ても、

水族館という場所は癒されます。

 

これらはどこの水族館でも比較的よく見られますが、

他とは違う鴨シーの売りと言ったらこれ!

シャチのパフォーマンスです!

体や水しぶきの大きさや迫力がイルカとも全然違い、

終始「お~~!」と声をあげながら見入ってしまいました。

魚に虎と書くシャチを寅年明けて早々見られたので、縁起が良かったです。

 

 

さて、皆さんは隣地との境界にあるブロックが誰の持ち物か、よく見たことがありますか?

例えばこの写真のように手前の「↕」で示された境界線の真ん中に積まれていたら、

左右の敷地の持ち主さんそれぞれに持分があることになります。共有のものということですね。

 

一方でこちらの写真ですと、境界線よりも右側に積んであるのがわかります。

なので右の敷地のものとなります。

Writer

この記事を書いた人

井上 祥

井上 祥SHO INOUE

営業

販売物件一覧はこちら

↑Page Top

?>