Staff Blog

ベル通信

家づくりのことからスタッフの日常まで。ベルハウスのスタッフが日々更新中です!

一覧へ戻る

2021.8.21

出かけられなかったので

こんばんは!

本日のベル通信は、工事部 立久井がお届けいたします。

立秋も過ぎ、最近は日が落ちるのも早くなってきていて秋に近づいてきているんだなと思いつつも、日中の暑さはまだまだ辛いですね。コロナも増えているので、最新の注意を払いつつ現場を進めていきたいと思います。

 

今年の夏季休暇は、ほぼ雨の日でした。コロナが増え、緊急事態宣言も出ているので食料の買い出し以外は極力外出も控えたため、かなり時間を持て余しました。

そんな中、雨が降っていない日に庭の芝刈りをしました。いろいろな道具を駆使して芝を管理中です。

芝用のバリカンやハサミ、芝刈り機に芝を切る道具。今後はまだまだ増えていきそうですが今のところは、これらをフル活用して頑張っています。

肥料をあげたり、水をまいたりも楽しいです。ちょこちょこ出てくる雑草をこまめに取っています。不陸が気になるので、今度 転圧機をかりて平らに近づけたいと思います。

 

話は変わりまして、ベルハウスの物件で外壁がモルタルの場合 一階と二階の間あたりで飾り帯を入れています。

作り方は、

ツーバイシックス(206)とツーバイフォー(204)を上場合わせで重ねて段差を作ります。

フェルトとラスを貼ります。

その前に、天端の上に水切り板金を付けます。

左官を塗って、養生期間を2週間ほどとってから仕上げます。

仕上がると、水切り板金・204・206・オーバーハング板金と綺麗に段々で見えて建物のいいアクセントになっています。

Writer

この記事を書いた人

立久井 昭雄

立久井 昭雄AKIO TACHIKUI

工事部長(二級建築士)

販売物件一覧はこちら

↑Page Top

?>