Staff Blog

ベル通信

家づくりのことからスタッフの日常まで。ベルハウスのスタッフが日々更新中です!

一覧へ戻る

2020.8.30

水平・垂直

こんばんは!

本日のベル通信は、工事部 立久井がお届けいたします。

暦の上では秋ですが、まだまだ暑い日が続いていますね。外で頑張ってくれている職人さんたちには感謝です。熱中症にならないようにこまめに水分と休憩をとってもらいながら頑張ってくれてますが、気を付けてもらいたいと声をかけながら現場廻りをしています。

 

 

さて、今年はコロナで外出がなかなかできないので、庭の芝の手入れに勤しんでいます。

手動の芝刈り機に限界を感じ、ニューマシンをネットで購入しました!!

マキタの電動芝刈り機!!今後は、この相棒と一緒にがんばります!

ほぼ手入れをしていなかった庭で、芝も伸び放題です。。。

ですが、ニュー相棒と頑張った結果

写真では半分しかやっていませんが、きれいに刈り込みました。一気に刈りすぎてしまいちょっとまだらになってしまいましたが、別日に栄養剤をまき、経過を見ています。

本来は小まめにやったほうがいいのですが、この暑さで 休みの日に汗だくになりたくないのでのんびり楽しみながらやろうと思います。

 

 

話しは変わりますが、現場で大工さんが水平・垂直をみたりする道具をいただきました。

おくだけMINI。。。名前はいまいちですがとても優れものです!!

スイッチを入れると、壁にレーザーが当たります。このレーザーを壁の角などに当てると垂直がわかります。

そして、スイッチを切り替えると水平にレーザーが出て床の高さなどが見れます。

ただし、木造は木の収縮や反りなどもあるので0ってことは ほぼありません。許容範囲のずれで納まっているかの確認をしたりします。レーザーがないときは下げふりや水盛り官などで、水平と垂直をみます。

 

 

Writer

この記事を書いた人

立久井 昭雄

立久井 昭雄AKIO TACHIKUI

工事部長(二級建築士)

販売物件一覧はこちら

↑Page Top

?>