Staff Blog

ベル通信

家づくりのことからスタッフの日常まで。ベルハウスのスタッフが日々更新中です!

一覧へ戻る

2019.9.17

秋本番??

こんばんは!

本日のベル通信は、工事部 立久井がお届けします。

 

日差しは強いですが、風邪が冷たくなってきて 過ごしやすくなってきましたね。先日の台風で、千葉の南の方が大きな被害にあって復旧がまだかかりそうですね。どんどん日本の気候が変わって行ってしまっているようで、これからが心配です。

 

秋本番になってきてますね!家の近所の田んぼが稲刈りをしていました。

荒川運動公園の手前には田んぼが広がってきます。

たわわに育ってます。

隣の田んぼは稲刈りが終わっていました。

この広さで、どれくらいのお米の量になるのかな??と思い新米が楽しみになってきました。

 

基礎工事中の現場に寄ってきました。

綺麗に鉄筋が組んであり、配筋検査が完了してベースのコンクリート打設前の状態です。

この状態の時に、「逃げ配管」をします。キッチンや洗面、トイレの排水を外に出す配管を、コンクリート打設前に設置します。

これをしないと、後からコンクリートに穴をあけ配管を通さなくてはいけなくなります。そうすると、必要以上に穴をあけなくなくてはならなくなったり、鉄筋を切ったりする事になります。

これで、基礎が完成して大工さんが乗り込む前に、転び配管をし、上棟後に配管を立ち上げ、仕上げ時に器具の配管と結ぶことになります。

基礎に後から穴をあけたり、鉄筋を切ったりは強度的に良くないので、この段階で「逃げ配管」をするのは大事になります。

 

Writer

この記事を書いた人

立久井 昭雄

立久井 昭雄AKIO TACHIKUI

工事部長(二級建築士)

販売物件一覧はこちら

↑Page Top

?>