Staff Blog

ベル通信

家づくりのことからスタッフの日常まで。ベルハウスのスタッフが日々更新中です!

一覧へ戻る

2023.4.22

気ままに!

こんにちは。

本日は業務部青木がお届けします。

 

毎日天気でありがたいのですが、気温の落差があったりで

体調を崩さないよう気を付けていきたいですね。

 

ようやく今年初めてのテントを持って栃木の山へ行って来ました。

天気も良く青空の中、設営も終わりぶらぶらまわりを散策したり

気ままに昼寝などもしながら時間もゆっくり過ぎて、つまみを食べ飲みながらいつの間にか就寝。

夜中には鹿の鳴き声や朝方はうぐいすの鳴き声であまり眠れませんでした><

 

土地を購入する際にあらかじめ、市のホームページで遺跡地図を見て、そこの土地が

埋蔵文化財包蔵地のエリアなのかどうなのか確認しています。

簡単に言いますと土器や石器が埋蔵されている土地の事です。

埋蔵文化財保護法という法律があり建築工事の60日前までに届けでをしなければなりません。

さいたま市内には1100を超える遺跡があるそうで毎年20件以上の発掘調査をしているそうです。

届出により現地調査と試掘が行われ、埋蔵文化財が土中に含まれてないかを調べます。

出なければ調査はおしまいです。しかし、出土されたら建築に待ったがかかります。

協議の結果次第ですが、もし本格的に発掘調査を行い、埋蔵文化財の記録を残しておかなけらばなりいません。

さらに発掘調査の費用は土地の所有者(開発者)が負担することになります><

 

Writer

この記事を書いた人

青木 克行

青木 克行KATSUYUKI AOKI

用地の仕入れ・分譲住宅の企画(宅地建物取引士)

販売物件一覧はこちら

↑Page Top

?>