Staff Blog

ベル通信

家づくりのことからスタッフの日常まで。ベルハウスのスタッフが日々更新中です!

一覧へ戻る

2022.12.23

なるべくなら避けたい。。。

こんばんは!

本日のベル通信は、工事部 立久井がお届けします。

 

昨日は冬至で、朝から雨も降り寒い一日でしたね。ニュースで大雪の映像が出てましたが、一日の雪の量が凄いことになっていましたね。日本海側の地域だけが大変な事になっていると思ったら広島や高知の映像も出ていたので、自宅でも雪の対策をしっかりしようと思いました。

 

久々に色々な場所に買い物に行ったら、街はクリスマスムード一色ですね!

今年は土日がクリスマスということもあり、人の動きが多いようですね。私は土日が仕事なので、少しでも気分を味わうためだけに写真をパシャリ。

新都心のコクーン2とコクーン3の間におっきなツリーがありました。

夜はきっと綺麗に光っているのでしょうね。

 

そして、ドン・キホーテに寄った時にこんなものが。。。

昆虫食。 タガメやらバッタやらイモムシやら。。。世界の人口が増えて、少量不足による昆虫食。なるべくなら食べることのない生活でいてほしいと思った瞬間でした。

 

 

さて話は変わりますが、電線から建物に電気を引き込むにあたって様々なルールがあります。その一つとして人の敷地の上空を通過してはいけないというものです。

それは、工事中の仮設電柱に対しても同じです。仮設電柱は、作業に邪魔にならないように敷地の端に設置することが多いです。なので、電柱や電線の位置によっては隣地などの上空を越境する可能性があります。

そうなると、東電の方で設計をし直して越境しないような対策がされます。

電柱から、越境しない位置までバーを伸ばして、そこから線を仮設電柱や建物に引き込みます。

建物に引き込むときもそうですが、通常時も電線が敷地の上空を通過している場合は、連絡すれば解消してくれるので、みなさんもご自宅の敷地の上空に電線が通過してないか一度見てください。

Writer

この記事を書いた人

立久井 昭雄

立久井 昭雄AKIO TACHIKUI

専務取締役

販売物件一覧はこちら

↑Page Top

?>