Staff Blog

ベル通信

家づくりのことからスタッフの日常まで。ベルハウスのスタッフが日々更新中です!

一覧へ戻る

2021.4.16

ご準備を!

こんばんは。本日は営業部の永田がお送りいたします。

 

天気が良い日が続き、気温も上がりだいぶ過ごしやすくなってきましたね。

しかし、先程までは快晴だったのに、急におそってくるのがゲリラ豪雨。洗濯物を外に干していて、

急な雨でびちょびちょ。そのような経験がおありの方は少なくはないはずです。そうです。私も先日やってしまった一人です。急なことに備えるために、普段から折りたたみ傘を持ち歩くなど、何事も準備しておくことがいかに大切だと思いましたね。

 

ですので、よい機会ですのでさっそく検索。

 

なるほど。少し検索しただけでも色々な種類の数の傘がありますね。

 

傘を片手に荷物をもっての移動は、不自由なため両手が自由に使えることはすごい便利ですが、人目のつくところでは、少し恥ずかしいかと。それと、傘の役割の一つは雨を防ぐこと。

イメージしただけでは雨を防ぐことができるのか定かではありませんが、また1本、100万円を超える傘もあるみたいなので、気になった方がいましたら調べてみるのも面白いと思います。

 

 

 

話は変わります。こちらの写真をご覧ください。

 

 

 

クロス貼りをする前の内装の様子です。ご存知の方もいるとは思いますが、内装材の内側はどうなっているでしょうか。

このように、断熱材が敷き詰められています!!

そもそも「断熱」とは。

壁や床などを通して、熱が通らないように室内と室外をエネルギー的にはっきり区切ることを意味しています。

 

断熱工事によって熱エネルギーの行き来が少なくなった状態を高断熱。高断熱住宅は、冬などの寒い時期は室内の暖かい空気が逃げにくく、夏などの暑い時期は外の暑さが室内に伝わらず冷暖房効率が上がるなどの重要な役割を果たしています。

普段見ることの少ない、内部や場所にこそ、快適に生活をするための重要な役割を果たしています。

 

今回は壁について、ご紹介させていただきましたが、断熱材は壁だけではなく、床断熱や浴室の断熱材などと種類を使い分けて使用されています。内部・・・。奥が深いですね。

 

 

永田からは以上です!

Writer

この記事を書いた人

永田 優真

永田 優真NAGATA YUUMA

営業

販売物件一覧はこちら

↑Page Top

?>