Staff Blog

ベル通信

家づくりのことからスタッフの日常まで。ベルハウスのスタッフが日々更新中です!

一覧へ戻る

2020.9.27

ここが、あの有名な・・・

こんばんは!

 

本日のベル通信は、工事部 立久井がお届けいたします。

日が落ちるのが、日に日に早くなってる気がしますね。気温も一気に下がってきたので、

体調管理には気を付けたいと思います。

 

先日、あの有名な所にドライブしてきました。

その有名な所とは!!!

 

 

 

浄蓮の滝!!石川さゆりのヒット曲の「天城越え」で有名なトコです。手前に写っているのが歌碑です。日本の滝百選の一つだそうです。ここには、女郎蜘蛛伝説があるみたいです。

 

そして、水がきれいなようでワサビ棚田がありました。山道を走っていても道のわきにワサビ棚田があって、店もありました。

写真は、浄蓮の滝のすぐの下流にひろがっているワサビ棚田です。しかも、隣の川では釣りも楽しめるスポットで釣りを楽しんでいる人もちらほらいました。

今度行く機会があったら、ワサビを買ってみようと思います。

 

話は変わりまして、

建物を建てる前に地盤調査をして杭を打つかどうかや、杭の形状を検討します。データが出て、杭の工事が必要と判断されると、基礎工事の前に杭工事を行います。

専用の機械で、水とセメントとPPパウダーを混ぜてホースで杭打機に送ります。

基礎の形状や深さに合わせて、位置と高さを決めて打ち込んでいきます。建物の大きさや形によって杭の本数も変わってきます。

大きな分譲地ですと、いろいろな段階の工事途中の様子を見ることができるかもしれませんが、完成している建物だと建物を壊さない限り見ることは難しいですが、建物をしっかり支えてくれています。

 

Writer

この記事を書いた人

立久井 昭雄

立久井 昭雄AKIO TACHIKUI

工事部長(二級建築士)

販売物件一覧はこちら

↑Page Top

?>