Staff

スタッフ紹介

一覧へ戻る
田口 博和

田口 博和

HIROKAZU TAGUCHI

1970年さいたま市にて誕生

昭和45年3月に旧大宮市にて生誕。幼少期は祖父母・両親・兄の6人暮らし。両親共働きで礼儀作法を武道家の祖父から学びました。幼稚園児の頃から祖父と兄弟で剣道場に通いました。4つ年上の兄だけにどうしても勝つ事はできませんでした。学校の成績や喧嘩は負けても剣道だけは勝ちたい気持ちが強くとにかく稽古に励んでいた事を記憶しています。

負けず嫌いな性格は小学校6年に開花し大宮市の大会で優勝し県大会に出場する程の腕まえでした。道場の無い日は、近所の友達と魚釣り、草野球、雑木林に秘密基地を作り、日が暮れるまで遊んでいました。草野球をした公園は今でもありますが、魚釣りをした川、秘密基地を作った雑木林は区画整理や開発が進行され跡形もない状態。ただ、当時遊んだ仲間とは30年以上の付き合い。姿形がかわっても幼少期の話で盛り上がるとお酒が尽きません。

音楽と青春と結婚

中学生になるとロック系の音楽に強く感心を持ち2年生の時、気の合う仲間とバンド結成。担当はベース。文化祭での演奏が目的でした。体育館には数百名の生徒たち。演奏開始直後は14年間の人生で一番緊張した瞬間であった事を覚えています。曲も終盤にかかると、緊張は徐々に解れ、後に快感へと変わっていきました。目立つ事、人前に出て何かする事は好きではありませんでしたが、このバンドをきっかけに好きになっていった様です。

高校でもバンド中心の生活。楽器購入・自動車学校に通う為、町内で一番大きな中国料理店でアルバイトを始めました。80種類以上あるメニューの中には、16才になって初めて知った食材、味、料理の奥深さを知らされ、高校卒業後は、食材の研究と料理を学ぶため栄養専門学校に入学。2年後、卒業と同時に栄養士免許を取得。栄養士として委託給食の会社に入社しましたが1年後に退職。理由は高校生時代に結成したロックバンドの影響で、プロを目指した為でした。まさに若気の至り「青春」大きな夢を追いかけていました。

田口 博和

ロックバンドの夢ははかなく敗れ、真面目に働く事を決意し運送業に就職。嫁との出会いは友達の紹介で24才の頃。嫁は20才で共通の趣味は食べる事。結婚の決め手は料理上手なところでした。完全に胃袋をつかまれ、その2年後に結婚。更に2年後私の体重は20kg増え、数年ぶりにあった友達から「どなたですか?」と言われた事もありました。

幸せ太りを解消し、結婚4年後には長女、5年後に長男を授かりました。長女はとにかくわんぱくで、天真爛漫な女の子。長男は娘とは対称的で謹厳実直な男の子。唯一私の家族で自慢できる事は、「健康」である事です。2人の子供は幼稚園~高校卒業迄皆勤賞でした。

愛犬「花子」と多趣味な私

2018年現在48歳。健康家族は健在で19才になった長女は来年就職。息子は大学生。そして今年は新たに家族が増えました。ゴールデンレトリバー「花子」。生後10か月であるが、体重20kg越え。あっという間に大きくなった「花子」は家族中のアイドル犬。その中でも花子に一番夢中なのはおそらく嫁だと思います。室内犬には猛反対していた嫁。しかし「花子」の可愛さに負けた様で、飼い始めた頃私が買っていたドックフード、犬用おもちゃ、寝具、今では嫁が成長に合わせ色々な物を買い与えています。

ゴルフ・スノーボード・釣り・音楽鑑賞・ミニカーコレクター。ゴルフは月最低2回、年間40回程。4年前に東筑波ゴルフクラブでホールインワン達成。
スノーボードは20才の頃から幼少期を共にした仲間と始めて行く回数は減ってきましたが、この仲間とは「最低毎年1回の行事」とし28年間継続しています。
釣は主に船釣。鯵・イカ・ヒラメ、季節ごとに魚は変ります。ただ、残念なことが1つあり、荒波だと直ぐに船酔いする事です。睡眠、酔い止めは万全なのに、船酔いには勝てません。

田口 博和

お客様へたくさんの感動を

2級施工建築管理技士を取得し40代に思い切って転職。やりたい仕事につけた自分。工事部の仕事=現場監督である。更地の土地から家が完成するまで任される仕事で、責任重大な仕事です。その現場で私が一番心掛けている事は「安全」。建築現場では事故がつきもの言われておりますが、私が担当した現場及び弊社では現場で事故はありません。現在も事故の無い安全な現場環境に徹しています。

担当物件が完成すると工事部はすぐさま掃除をします。目的は細かな傷、不具合等の確認をする為です。隅から隅まで、細かい所はカッターナイフで汚れをとったり、建具の調整も行います。費やす時間はおよそ1日です。細かな傷は補修専門業者に直してもらい、その後もう一度確認をします。ここで問題が無かった時、はじめて「物件完成」となるのです。

物件が完成後、現場監督が行う最後の仕事は「立ち合い」です。お客様が弊社の物件を購入し、入居前に敷地・2×4工法建物・建物内設備の説明をする事です。安全で安心できる「建売物件」は当たり前で、たくさんございます。そのたくさんの中から弊社を選んで頂いたお客様に喜んで頂けた時、「素敵な家ですね。」と言われた時が最後の仕事を終えた時です。
仕事を終えれば新たな仕事の始まりで、現在、更に喜んで頂ける「素敵な家」造りに取り込んでいます。

田口 博和

Staff Profile

田口 博和

田口 博和

HIROKAZU TAGUCHI

業務

工事部(2級建築施工管理技士)

出身

埼玉県

家族

妻 娘 息子 犬1匹

趣味

ゴルフ

特技

バランス感覚

一言

ひとめぼれの「家」を目指しています。

販売物件一覧はこちら

↑Page Top